>

失敗しないリフォーム業者の選び方お教えします!

リフォームトラブルを避ける業者選び。

まずは希望するリフォームにふさわしい業者を選ぶことです。

業者にも得意分野があるため、ホームページなどで各業者のリフォーム実績を確認し、希望と同じ実績が豊富な業者を選びます。
建築業許可の取得やリフォーム事業団体への加盟も確認しましょう。
会社が自宅に近いことも重要です。打ち合わせや施工、アフターサービスに負担がかかりません。
候補業者を何件か絞りこみ、電話や資料で、保険や保障などの詳しいサービス内容を確認します。

このとき一社を選ぶのではなく、三、四社に同じ条件を出して相見積もりにしましょう。
複数の見積もりを比較することで、妥当な相場もわかります。
業者には相見積もりだと伝えてかまいません。各社ごとにコストを抑えて工夫した見積もりとリフォームプランが期待できます。

担当者には遠慮なく細かい質問や要望を伝えましょう。
担当者が正確な知識をもち、誠実に対応してくれるかも、業者選びの重要なポイントです。

言葉と書面でリフォームトラブルを回避!

各業者による見積もり結果は、価格だけではなく、保証やアフターサービスなどが充実しているか、担当者が信頼できるかなども考慮して決めてください。
希望のリフォームを実現するためには、言葉と文書を残すことがもっとも重要です。

まず業者と徹底的にコミュニケーションをとり、リフォームのイメージを共有します。
契約内容には空欄や曖昧な点を残さず、細かい点をすべて明記します。
打ち合わせ内容を詳しく記したシートを用意し、自身と業者が一枚ずつ持てば安心です。

施工中に想定外の追加工事が必要になることもあります。
その際の工期延長や追加費用についても、契約時か、追加工事が決まった時点で確認します。

施工中の変更点などもすべて記録しておき、もし仕上がりが打ち合わせやイメージと違った場合は、メモを材料に業者と話し合います。
すべてを明確な言葉にし、記録しておくことが、トラブルを避け、満足ゆくリフォームを実現する鍵になります。


この記事をシェアする